滋賀県、おごと温泉(雄琴温泉)「里湯昔話雄山荘」は、お得な価格の露天風呂付き客室とびわ湖眺望、比叡山近くの温泉旅館

「里湯昔話雄山荘」お問い合わせ番号077-578-1144
日付検索
里湯昔話雄山荘│日帰りプラン
里湯昔話雄山荘│ご宿泊プラン

雄山荘HOME料理契約農家のみなさん



【契約農家のみなさん】

雄山荘では、総料理長が滋賀の地域性の高い、優れた食材を生産されている農家の皆様を訪ねています。
生産者の皆さんはそれぞれのブランドを大切に守り育てられています。



※これらの食材は、数に限りがあるので一部のお料理プランに取り入れています。 不明な場合はお問い合わせください。

 ■信長ねぎ
 
冬 ご提供時期:12月ごろ~

びわ湖ベジタブルロード理事・山梶さんやネギ部会の若手生産者さんたちが「農業ばなれがすすむ地元農業を地元野菜で元気にしたい」と立ち上げ一生懸命生産されている滋賀県の新ブランド野菜です。

長さは約50センチ・太さ約5センチと、とにかく大きな信長葱。ほぼ1本、まるまる食べることができます。ぽきりと折ると、断面からたくさんのヌメリが出てきます。白い部分をかじると、ジューシーで肉厚でやわらか。ふんわり甘みの後に、さわやかな辛味がガツン!


【信長ねぎを味わえるおすすめプラン】
>>>里山散作グルメ~美麗~。春【3月】の献立 (19,980円~)
>>>里山散作グルメ~叡智~。春【3月】の献立 (22,140円~)
契約農家・生産者さん

 

 ■今津の柿
 
冬 ご提供時期:12月ごろ~

今津は滋賀県最大の柿の生産地。柿部会・岡本さんが、さっくりとした食感とおいしくてりっぱな柿を作っています。

契約農家・生産者さん

 

 ■こはる農園のいちご
 
春 ご提供時期:2月~4月ごろ

草津市の橋本さんが作るいちごは、地元の方達からの評判も高く、大きなハウス3棟に植えたいちごをご家族で丹精こめてつくられています。


【こはる農園のいちごを味わえるおすすめプラン】
>>>里山散作グルメ~美麗~。春【3月】の献立 (19,980円~)
>>>里山散作グルメ~叡智~。春【3月】の献立 (22,140円~)
契約農家・生産者さん

 

 ■弥平唐辛子
 

 

湖南市・下田地区の珍しい唐辛子、滋賀の伝統野菜・弥平唐辛子をご家族で精魂こめて作られてます。

オレンジ色のかわいい姿とはうらはらに、その辛さはハバネロをも凌ぐと言われるほどの辛さをもつ弥平とうがらし。中のゼリー状のものが激辛です。

契約農家・生産者さん

 

 ■彦根梨
 
秋 ご提供時期:9月ごろ~

彦根から全国へ出荷されるブランド梨・彦根梨。甘くてジューシーで香りの良い梨を彦根梨生産組合会長・西川さん達生産者さんが一生懸命作っています。

品種は【豊水】と【幸水】。完熟してから収穫するので糖度が高いのが特徴。香りもよくジューシーで、口の中に果汁があふれます。

契約農家・生産者さん

 

 ■坊ちゃんかぼちゃ(とよ坊かぼちゃ)
 
秋 ご提供時期:9月ごろ~

東近江・豊郷町の広い畑で作られている坊ちゃんかぼちゃ。西山さんは、籾殻と米ぬかを使って無農薬のおいしい坊ちゃんかぼちゃを丁寧に育てています。

坊ちゃんかぼちゃは、10センチから12センチと手のひらサイズのかわいい姿。味は甘くてホクホクしています。収穫時期は7月中旬から9月ごろまで。濃い緑色になったら収穫のサインです。

契約農家・生産者さん

 

 ■鮎河菜(あいがな)
 
春 ご提供時期:春期

甲賀市土山の鮎河(あいが)集落で、食べる分だけ栽培されることによって受け継がれてきた鮎河菜。生産者谷北さんやすごいええのう鮎河のみなさんが、丹精こめて生産しています。

菜の花に似ていますが、葉っぱも大きく茎もしっかりとしています。茎もやわらかく、味は甘くてブロッコリーのようです。

契約農家・生産者さん

 

 ■秦荘やまいも
 

 

湖東三山のひとつ金剛輪寺のある愛知(えち)郡愛荘町で作られている伝統野菜・秦荘やまいも。収穫まで大変手間と時間のかかる秦荘やまいもを、地元のベテラン生産者さんが丁寧に育てられています。

つるりとしたなめらかな肌に、ずんぐりとした重量感のある形。上品な甘みと味、お箸でもちあげられるほどの粘りをもっています。

契約農家・生産者さん

 

 ■日野菜
 
春 秋 ご提供時期:春期・秋期

滋賀県日野町鎌掛(かいがけ)に自生していたと伝わる伝統野菜・日野菜。30軒ほどの生産農家さんが、発祥地のプライドをもって品質の良い本物の日野菜を力を合わせて生産しています。

ほんのり赤紫色にそまった根っこと葉の根元。すらりとスリムな姿。日野菜は野菜の中でも、特別べっぴんさんです。甘みの中に、独特の辛味と苦味をもっています。

契約農家・生産者さん

 

 ■伊吹大根
 
冬 ご提供時期:12月ごろ~

米原市伊吹地区で生産されている伝統野菜・伊吹大根。伊吹大根の生産と消費拡大などさまざまな行動をされている伊藤さんと、10件ほどの生産農家さんが貴重な伊吹大根をとどけてくださいます。

土から出ている歯の付け根は、ほんのり紫色。大きさは20センチと小さめで、丸くてずん胴型をしています。根から三分の一がぴりりと辛い味がします。水分がすくなく身がしっかりとしているので、煮ても形が崩れません。

契約農家・生産者さん

 

 ■川崎さんの赤丸かぶ
 
冬 ご提供時期:12月ごろ~

米原市米原地区で生産されている伝統野菜・赤丸かぶ。川崎さんは、小さな地域での少量生産だった赤丸かぶを大きな畑で元気な地元女性達と力を合わせて生産されています。

大きさは10センチほど。横広がりでぽてっと丸い姿に、鮮やかな赤色をしています。身はほどよく硬く、さっくりとした歯ごたえ。噛めば広がる甘みは、ドキッとするほどおいしいです。生で食べてもおいしく、切ると中まできれいな赤色をしています。

契約農家・生産者さん

 

 ■林さんの北之庄菜
 
秋 冬 ご提供時期:11月ごろ~

近江八幡・北之庄で生産されている伝統野菜・北之庄菜。一時は途絶えてしまい、まだまだ謎の多い北之庄菜の生産に、林さんは意欲的に取り組まれています。

下膨れした形はまるで大根のようですが、北之庄菜はれっきとしたカブ。首から葉っぱにかけてほんのりと赤いところは、ちょっと小太りの日の菜のようです。味は、少しぴりっとしていて大根とカブの中間と言ったところです。

契約農家・生産者さん

 

 ■池田さんの山田だいこん
 
冬 ご提供時期:12月ごろ~

草津市・山田地域で生産されている郷土野菜・山田だいこん。一時は絶滅の危機に瀕した山田だいこんを池田さんご夫妻は、試行錯誤をしながら育てています。

先端がぷくっとふくれた真っ白な姿はハツカネズミのようにキュート。普通の大根よりもずいぶん小ぶりで、長さ15センチ・直径4センチほどのものが、出荷に適した大きさです。山田だいこんは、きめが細かくやわらかで、葉もやわらかく上品な味です。

契約農家・生産者さん

 

 ■寺井さんの杉谷なすびと杉谷とうがらし 
 
夏 秋 ご提供時期:7月ごろ~

甲賀市・杉谷地区で古くから生産されている滋賀県の伝統野菜・杉谷なすびと杉谷とうがらし。この地区でしか上手く育たないという貴重な野菜を愛情こめて、ご夫婦で作られています。

契約農家・生産者さん

 

 ■福田さんの水口かんぴょう
 

 

水口藩主が作らせたという400年前から続く甲賀市・水口町の特産品「水口かんぴょう」。福田さんは、夕顔の実を 一つ一つ丁寧にけずり天日で干して独特の歯ごたえと甘さを蓄えた「水口かんぴょう」を丹精こめて作っています。他のものとくらべてやわらかく、しっかりした味をもつ「水口かんぴょう」です。


【水口かんぴょうを味わえるおすすめプラン】
契約農家・生産者さん

 

 ■T・I・K農産 盛岡さんの下田なす
 
夏 秋 ご提供時期:7月ごろ~

下田なすは、湖南市下田地域で古くから栽培されている伝統野菜です。実も茎もやわらかく繊細な下田なすをTKI農産の若手生産者・森岡さんが手間隙かけて育てています。

手のひらにちょこんとのっかる10センチほどの大きさでうすい紫色。ヘタの下に、白から紫のグラデーションがあります。実はとてもやわらかく、水分がたっぷり入っています。味は生で食べれるほどあくが少なくて甘いく、地元ではまるごとお漬物にして食されています。

 

契約農家・生産者さん

 

 ■山田農場の紅ぶどう
 
夏 ご提供時期:夏期(~8月)

一般には流通しないという、滋賀県で作られているめずらしい幻のぶどう【紅ぶどう】を広大な果樹園で生産されています。

甘みが強くてやわらかな果肉。 身は大きくて、とてもジューシー。かむと、水分があふれ出ます。ただし身が房からはずれやすいため運送がとてもむつかしく一般に流通しないため、「幻の紅ぶどう」と呼ばれています。

契約農家・生産者さん

 

 ■上坂さんの仰木棚田米
 

 

比叡山からわき出る霊水と里山と共に、地元・仰木の棚田でベテラン農家の上坂さんが育てたおいしいお米【仰木の棚田米】。濃厚な甘みともちもちした歯ごたえが特徴です。

棚田とは傾斜地にあるさまざまな形をした田んぼのこと。高台にある雄山荘近くの仰木では、棚田の広がる美しい風景をみることができます。

 

契約農家・生産者さん

 

 



ネット予約の確認とキャンセル
花束・ケーキ・カラオケなどの追加オプション

Copyright (C)2005 大津観光株式会社 All rights reserved.