秋一番の果実を収穫中です。

 

このブログでは、自家菜園の収穫状況を随時お知らせしていますが、

今回は、夏の終わりから初秋にかけて、もっともおいしくなる果実を中心にご紹介です。

 

CIMG5519.jpg

(ぽぽ、イチジク、果実ではありませんが、「里芋」)

 

そして、ざくろ。この時期にはしっかり色をつけてそろそろ最後の収穫を待っています。

s-CIMG5421.jpg

 

柿はもう少しですが、こんなに色づいてきました。

s-CIMG5436.jpg

これは、甘く果実が柔らかい富有柿です。

この他に黒柿もあり、10月頃にはお料理にたくさん登場する予定です。

 

こんな果実達の他にも、しっかりと秋を味わいたい方にぴったりなプランを現在、ご提供中です。

「旬を味わうグルメ旅行におすすめのプラン「秋麗」 」

(このプランの里山タイプご利用の詳しいご紹介はこちらです)

29957.jpg

(収穫の都合により、自家菜園の食材が含まれていない場合がございます。ご了承くださいませ。)

 

これからの雄山荘。里山ならではの、秋をしっかりと感じることお約束します。

 

入口アプローチの紅葉もほんのりと色づいてきました。

CIMG5510.jpg

 

 

[HPトップページに戻る]

 

雄山荘の「安全安心」

 

雄山荘では、「安全安心」に対する心構えを、常日頃から強く意識し、また実践をすることで

心から「安全安心」にくつろいでいただける施設として自信を持ってお客様をお迎えしています。

 

本日は、定期的に行われているスタッフへの食品衛生講習会を、

大津市保健所衛生課の池永先生をお迎えし、話を聞きました。

s-CIMG5521.jpg
 

初めて受講するスタッフ、何度も受講しているスタッフ。

調理や配膳スタッフだけなく、この講習は全部署対象に行わっています。

そして全員、心を引き締め先生の話を聞きました。

 

今日のお話は、様々な菌に対する正しい知識を深めるともに、

新型インフルエンザに対しての予防や対策の説明もありました。

 
s-CIMG5533.jpg
 

↑「衛星手洗い」の方法を再確認

 

そして、当館にお越しいただいたお客様はすでにお気づきになられたかと思いますが、

館内の主要お手洗いにはスタッフルームだけでなく、すべてこのような、除菌設備が設置してあります。

s-CIMG5540.jpg
 

 

そして現在大浴場には、お客様に自由に使用していただけるうがい薬”の設置もございます。

s-CIMG5537.jpg
 

 

当り前のこととして見過ごされがちかもしれない「安全安心」の心を、

雄山荘ではスタッフ全員がひと時も忘れることなく、毎日、お客様をお待ちしています。

 

 

[HPトップに戻る]

 

 

 

特別な日には、エクセレントルームで特別気分200%

 

当館に2ルームしかない、特別室 エクセレントルーム。

日常からはなれて、ここでは、まさしく特別な時間と空間をお約束します。

 

HPの客室のページでは、お部屋の写真、間取りなどのご紹介をしていますが、

ここでは少し違った角度からご紹介します。

 

CIMG3949.jpg

特別にしつらえた玄関。その扉を開ければ、田舎の囲炉裏民家をイメージするような

しっくりと落ち着きのある、広々とした和室の続き間。

大きな木の机や掘りごたつ。

そして、なんといってもこのお部屋、

この他に12.5畳の和室と洋室のベッドルーム、それにトイレが二つ、

お風呂も内風呂、露天風呂があります。

 

CIMG3974.jpg

 

CIMG3975.jpg

 

備え付けの家具も、選りすぐりのもので、特別空間気分は最高です。

CIMG3960.jpg

 
 

こんな【特別室で過ごすプレミアムプラン「大津京」】は、調理長が吟味し厳選した素材を用いた、特別な夕食、朝食のお料理を、お部屋で召し上がっていただきます。

 

お部屋のお茶菓子も、以前の記事でも紹介しましたロビーに設置のお月見お団子も入れていただいている地元で有名な「嶋屋」さんの自慢の季節の生菓子です。

嶋屋さん↓

shop.jpg

 

 

秋から冬にかけて、

記念の日には、ぜひ、こちらのお部屋で特別な時間をすごされてみてはいかがでしょう・・。

 

[HPトップに戻る]

 

 

 

 

 

初秋の雄山荘菜園。珍しいものショット集!

秋晴れというにはまだ少し早いですが、やはり真夏とは違う、澄んだ空気を感じる今日この頃。

先日、雄山荘裏の菜園に近づくと、何か子供の頃を思い出す懐かしい香りがしました。

CIMG5306.jpg

あれは何の香だったのか・・・それは、あえてわからないままにしておこうと思います。

 

今回は、私のそんな体験もあり、珍しいものショット集と銘打って、

現在の菜園の生育状況をお伝えします!

 

↓まずは「角豆」

CIMG5296.jpg

そろそろ収穫時期です。どんなお料理になるのかは、またのご報告とします。

 

↓これは「そうめん南瓜」

CIMG5299.jpg

これが南瓜?れっきとした南瓜です。

 

↓調理長いわく、珍しいなすび・・・(名前は不明)。細いなすびです。

CIMG5300.jpg

 

その調理長みずからが奮闘して、秋の味覚の脇役、酢橘の収穫です。

CIMG5285.jpg

 

最後に。

秋の菜園から、こんな珍しい一品ができました!

栗の器のお料理です。

IMG_5833.jpg

 

秋の雄山荘菜園のお料理に、器ともども、ご期待ください!

 

[HPトップに戻る]

 

 

9月のロビーは、うさぎとお月見

 

今年の中秋の名月(旧暦8月15日の十五夜のお月見)は、10月3日(土)とか

 

季節感先取りの雄山荘のフロント前では、9月からこんなお花飾りに変わりました。

 

CIMG5320.jpg

 

うさぎは、お団子を見ているのか、お月さまを見ようとしているのか・・・。

はたまた栗を見ているのか・・。

CIMG5315.jpg

 

当館へお越しの際には、ぜひ、このうさぎの視線の先を確認してみてくださいね。

 

[HPトップへ戻る]

 

 

 

喫茶「梅桃」のご紹介 Part2

 

喫茶「梅桃」でも、当館のモットーとしている自然食材を使用した品を

おススメのメニューとしてご提供しています。

 

なかでも、シーズンごとに変わるジェラートは特に大人気!

今月から、

IMG_5348.jpg

 

 

 

 

【抹茶とお米のジェラート】(400円)

 

 

 

 

 

IMG_5344.jpg

 

 

 

【メープルシュガーのジェラート】(400円)

 

 

 

 

 

 

のご提供がはじまりました。

 

他にも、滋賀県山田牧場のノンホモ低温殺菌で栄養たっぷりの牛乳「あんしんミルク」(500円)や、

ほんのりと甘くさわやかな香りと風味の「朝宮茶のグリーンティ」(600円)なども人気です。

 

里山の自然たっぷりの喫茶「梅桃」で、ごゆっくりおくつろぎくださいませ。

 

[HPトップへ戻る]

 

 

 

喫茶「梅桃」のご紹介 Part1

 

「梅桃」と書いて、「ゆすらうめ」と読みます。

090828_1047441.jpg

喫茶梅桃を何回かにわけて、ご紹介させていただきます。

 

今回は、「お花」についてのご紹介です。

 

当館は、いたるところに生花が飾られており、ご利用いただきましたお客様にも

大変好評いただいています。

ここ「喫茶 梅桃」でも、各テーブルに小さなお花が・・・。

yusuraume2.jpg

090828_1048561.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓際のお席からは、季節折々の里山のお花も楽しんでいただけます。

090828_1048341.jpg

ご利用時間は、7:00から10:00、12:00から17:00です。

 

「喫茶 梅桃」で、里山ならではの、穏やかなゆったりした時間をお過ごし下さい。

 

[HPトップに戻る]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サマーファイナル!

 

CIMG5215.jpg

 


 
前回の記事で、「秋の足音」としてお伝えした自家菜園の「栗」。

すでに館内の生花にあしらわれていました。

 

ここ雄山荘が建つ里山では、朝夕少し涼しくなり、秋の気配が感じられます。

 

 

 

 

CIMG5210.jpg

 

 

 

めずらしい山葡萄も収穫しました。

 

 

 

 

 

 

 

そして雄山荘では、行く夏を惜しみ、謝恩企画として

「サマーファイナル5DAYS 」を企画しました。

8月30日から9月4日までの5日間、お人数にかかわらずお一人様8,800円でのご提供です。

びわ湖を眺めてゆったりと・・・夏の疲れを癒しに、ぜひお越し下さい。

 

CIMG4978.jpg

 

 [HPトップへ戻る]

自家菜園では、秋の足音

 

当館裏には自家菜園があり、美味しく安全な減農薬のお野菜・果実を

お客様にご提供しています。

先日、夏のお野菜の発育状況を見に行ったところ・・・!

 

真夏の太陽がサンサンとそそぐ中、秋の味覚達が見事に成長中でした。

 

まずは、栗。 

kuri1.jpg
kuri2.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

管理スタッフによると、今年は特に大豊作とか!あと一月ほど先に順次収穫するらいしいです。

 

そして柿。

kaki1.jpg

 

まだまだ青いですが、今年もこんなお料理になる日ももうすぐかと・・・

 

kaki2.jpg

(↑去年のお料理の一例です)

 

雄山荘の秋の味覚に、おおいにご期待ください!!

 

[HPトップに戻る]

 

 

調理長の近江の素材紀行 「水口かんぴょう編」

 

滋賀県が、地産地消の推進を目指してスタートした「おいしが うれしが」キャンペーン。

このタイアッププラン第一弾として、先日よりご提供をはじめました「里山散作グルメ」で、

「水口かんぴょう豆腐茶巾しぼり」というメニューがございます。

minakutikanpyou.jpg

 

調理長が、この水口かんぴょうを栽培している農園に行ってきました。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

 

ここでは、このページで紹介しきれなかった画像を公開します。

CIMG5098.jpg

 

CIMG5110.jpg

 

あの、独特の甘みと歯ごたえのある水口かんぴょうは、こんな水口の農園で

すくすくと育っています。

 

地産地消を推奨している「里湯昔話雄山荘」

滋賀の方にも、もちろん地方からお越しの方にも、

ぜひ近江の自然の味わいをおいしく召し上がっていただきたく、

調理長は、これからも近江を歩きます。

「調理長の近江の素材紀行」をこれからもお楽しみに!

 

[HPトップに戻る]