雄山荘の紅葉だより

 

 今朝、湖国滋賀はすっかり冬を思わせるような寒さで、比良山では初冠雪が見られました。

この寒気の影響で、一気に紅葉も彩りを増すかもしれませんね。

 

そこで、本日は、急遽予定していた記事内容を変更し、

雄山荘の紅葉情報をご案内します。

 

まず、入口第一駐車場の様子です。

CIMG5982.jpg

里山にある当館は、敷地内にも多くの種類の木々が生息しています。

 

この下、第二駐車場では、南京はぜや楓などもあり、

移りゆく紅葉をこんな身近なところでも楽しんでいただけると思います。

CIMG5979.jpg

 

CIMG5981.jpg

 

館内ロビーからは、入口エントランスや里山の秋模様をお楽しみください。

CIMG5986.jpg

 

比良山や奥比叡・延暦寺では紅葉も見ごろになっている様子です。

秋の味覚と秋景色、里湯昔話雄山荘で、たっぷりとご堪能ください。

 

[HPトップへ戻る]

 

 

 

 

おごと温泉「里湯昔話」大浴場のご案内 【番外編】

 

当館の大浴場のご案内は一通りさせていただきましたが、

今回は、大浴場(里湯昔話)へ続く廊下を中心に、番外編をご案内します。

 

大浴場は別館にありますが、どちらのお部屋にお泊まりいただいても

この廊下を通っていただくことになります。

CIMG5925.jpg

 

以前にもこのブログでご紹介しましたが、

「里湯昔話雄山荘」と名付けられ当館。

人から人へ永年たっても繋がり伝わるお話に、

繋がる心を大切にした人から人へのおもてなしの心におきかえ、

お客様をお迎えしています。

 

お風呂への行き帰り、ちょっと足をとめてご覧いただければ幸いです。

 

そしてこの廊下の突き当たりからは、びわ湖が一望できます。

CIMG5926.jpg

 

大浴場のお着替えスペースにも、こんな絵がかけてあります。

CIMG5929.jpg

 

CIMG5930.jpg

 

どうぞ、ごゆっくり、おごと温泉大浴場「里湯昔話」をお楽しみくださいませ。

 

[HPトップに戻る]

 

おごと温泉「里湯昔話」大浴場のご案内 【2】

 

前回に続き、今回も大浴場のご案内です。

今回は、女湯浴場内をご案内いたします。

 

浴場への扉を開けると、こんな光景が目に飛び込みます。

CIMG5816.jpg

全面のガラス窓の向こうには、里山の木立に囲まれた露天風呂も見え

自然の風景と一体となった解放感のある浴場となっております。

 

そして、お客様に心地よく温泉を楽しんでいただきたいとの配慮もほどこしています。

CIMG5818.jpg

洗い場の部分にだけ木材を使用し、流したお湯は下に吸い込まれます。
隣の方のお湯も、これであまり気にならないのではないでしょうか。

 

CIMG5819.jpg

 

CIMG5823.jpg

浴槽まわりには滑り止めや手すりも配置し、ご年配の方にも
安心してご利用いただけるよう心がけています。

 

ここで、前回同様、こだわり部分の披露を一つ・・。

CIMG5822.jpg

露天風呂スペースの洗い場です。
周りの風景との調和をはかった設計はこんなところにもありました。

 

他にも露天スペースには、

CIMG5820.jpg

サウナや、

CIMG5824.jpg

桶風呂などもございます。

 

おもに夏場に開放しています、こんなスペースもあったり・・・。

CIMG5828.jpg

わかりにくいですが、外は里山風景です。

 

「里湯昔話」と名付けられた雄山荘の大浴場は、

里山の自然とその香り、風、木立の陰・・・。

それに、お客様への心配りと、ちょぴりの小洒落さも加え、

お客様の思い出に残るようなひとときを楽しんでいただけるよう

ご準備しおまちしています。

 

次回は、さらに番外編としまして、浴場の「昔話」のご紹介をさせていただきます。

 

引き続き、乞うご期待!!

 

[HPトップへ戻る]

 

 

 

 

 

 

おごと温泉「里湯昔話」大浴場のご案内 【1】

 

旅館と言えば、やはり楽しみは温泉。大浴場ですね。

今回と次回、「里湯昔話」と名付けられた大浴場を、

2回にまたがり、くわしくご案内いたします。

 

大浴場は、別館エレベータで1階へどうぞ。

エレベータを降りるとすぐにこんなスペースがあります。

CIMG5804.jpg

お風呂上りの待ち合わせも、ここでゆっくりとくつろいでください。

この手前には、貴重品ロッカーもございます。

CIMG5803.jpg

これで、安心してゆっくりとお風呂を楽しめますね。

 

今回は女性のお風呂にお邪魔しました。

CIMG5801.jpg

 

CIMG5807.jpg

 

CIMG5812.jpg

湯上りスペースには、こんなテーブル椅子が設置していますので、

旅の疲れや御足の悪い方もお風呂上がりはここでゆっくりしてください。

 

着替えスペースは、こんな感じです。

CIMG5813.jpg

 

 

 そして、最大の見せ場?は、ここでしょうか。

フロントへの内線電話機。

CIMG5808.jpg

こだわりのレトロです。

 

お客様への御配慮の心はこんなところにも・・・。

CIMG5809.jpg

アメニティグッズの一番下には、「お忘れ物かご」。

小物は、ついつい忘れがちですね。そんな時にはここをのぞいてみてください。

 

落ち着いた雰囲気で、旅の疲れを癒していただけるよう、

細かいところにも、女性の目線での心配りを心がけています。

 

 

今回は、浴場以外のスペースをご案内しました。

次回は、浴場のご案内です。乞うご期待!!

 

[HPトップへ戻る]

 

 

そっと、山野草。館内、3百の里山情景。

 

 以前にも、山野草のお話はさせていただきましたが、

当館、里山にあり、館内に入っていただいてもその里山を感じていただければと、

そっと、山野草がおかれています。

IMG_5860.jpg

CIMG5761.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

  

IMG_5865.jpg

 

階段のおどり場であったり、

廊下の電話の横であったり、

喫茶の片隅であったり、

エレベータの横であったり・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

そして、お部屋では、この里山(自家農園)で採れた

大変めずらしい色合いの「友禅菊」、

現在、日本では少なくなった「ゴマ」の実のぬけがらをあしらったり、

紫の斑点が、鳥のホトトギスの胸の模様に似ているという「ほととぎす」も。

季節の里山の情景をそっと感じていただければ、幸いです。

CIMG5767.jpg

 

 

 

CIMG5764.jpg
 

 

 

 

 

 

 

CIMG5768.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和室に、そして、こんなところにも・・・・・。

CIMG5770.jpg
CIMG5774.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館内には、約300か所にお花がございます。

当館では、すべて生花にこだわり、専門知識をもったスタッフが毎日、管理しております。

自然と文化の共生。それが、里湯昔話のテーマです。

 

[HPトップに戻る]

 

 

 

 

 

 

柿! おまけに鹿ケ谷かぼちゃ

 

 本当に、秋ネタが続きますが、時節柄ということでもう少しお付き合いください。

kinmokusei.jpg

金木犀のいい香りに誘われ、畑へつづく道を下りていくと・・・!!

柿!カキ!かき!!が、こんなにいっぱい!!!  収穫されていました。

kaki2.jpg

えっ?!!いつの間に??・・・と思いきや、これは、早生柿とか。 
なるほど、納得。

 

普通の柿の成長具合を確認しに、さらに畑の道を下に降りると、

kaki3.jpg

もう少しですね!

それにしてもやっぱりこの時期は、スタッフさん大変です。

最後の収穫時期の柿を鳥達から守るため、ネットで準備万端!

 

今年は、どんな柿のお料理ができるのか楽しみです。(↓は去年のお料理)

kaki1.jpg

 

おまけに、こんなものも収穫されていました。

shishigadanikabotya.jpg

鹿ケ谷かぼちゃ(ししがたにかぼちゃ)といい、京都の伝統野菜の一つと言われています。

 

雄山荘の自家菜園で育った、

減農薬の季節折々のお野菜、果実の登場に乞うご期待!

 

[HPトップに戻る]

 

 

雄山荘の「特別のおでん」

 

秋の話が続きますが、今日は「おでん」自慢を少し。

odenn 001.jpg

 

タイトルにありますように、雄山荘の「おでん」は普通の「おでん」ではありません。

「特別のおでん」です。

 

?特別? ・・・ それはまず、とことんこだわった素材選びからはじまります。

自家菜園のお野菜はじめ、地の食材を中心に吟味を重ねました。

そして、その味を損なうことなく素材そのものを堪能していただけるよう、

調理師が、試行錯誤し完成させた自慢の一品たちです。

 

IMG_4323.jpg

まるごとたまねぎ

 

IMG_4338.jpg

厳選和牛スジ

 

IMG_4340.jpg

自家菜園のさつまいも

 

IMG_4350.jpg

八幡名物赤こんにゃく、雄琴豆腐の厚揚げ、比良の里の自然玉子 など

 

最後に調理スタッフととれたて野菜のご紹介です 。

tyouristaff.jpg

 

ご提供は3階、お食事処「里山」です。

(営業 21:00?23:30 お部屋への出前も承っています)

ご用命をお待ちしています。

 

[HPトップへ戻る]

 

 

「あったかチャイ」に衣替え

 

10月になり、雄山荘でも「秋」の装い・・・。

 

喫茶「梅桃(ゆすらうめ)」でも、夏の「グリーンティー」から「あったかチャイ」に衣替えです。

 

衣替えしたスタッフが心を込めおつくりし、お運びしています。

CIMG5652.jpg

 

チャイは、インドでは庶民に好まれている茶葉で、ミルクやスパイスを加えて

温めていただくのが一般的な飲み方です。

 

CIMG5656.jpg

 

当館でも、たっぷりのミルクと、コクのある「あったかチャイ」の茶葉に

4種類のスパイスを加えたぜいたくな一品として、ご提供をはじめました。

 

これからの季節、移りゆく里山の景色をながめホッとするひと時をお過ごしください。

 

[HPトップに戻る]

 

 

 

お部屋からのびわ湖眺望のご紹介

 

ご予約の際に、「お部屋からびわ湖が見えますか?」というご質問をいただくことがあります。

このご質問に今回はわかりやすく、秋晴れの一日、

一部のお部屋ですが、びわ湖眺望の様子を画像でお伝えいたします。

 

こちらは里山タイプの8階の、あるお部屋の露天風呂から見える景色です。

satoyama.jpg
 

 

同じお部屋の客室からは↓です

CIMG5270.jpg

 

館がかわり、山野草タイプの4階の、あるお部屋からのながめは↓です。

sanyasou.jpg

 

また少し移動し、杜のしずくタイプの4階の、あるお部屋からのながめは↓です。

morinoshizuku.jpg

 

 

ほぼすべてのお部屋から、このようにびわ湖が眼下に見えます。

また、本館6階エレベータ前は大きな窓があり、ここからはパノラマビューといった感じで見えます。

CIMG3942.jpg

 

びわ湖は、時間、天候により湖の色が違って見えます。

一度お越しくださったお客様も、ぜひ、また違うお部屋タイプで、違うびわ湖に出会ってみてくださいね。

※繁忙期等には、一部、びわ湖が見えないお部屋のご提供をさせていただく場合がございます。ご確認くださいませ。

 

[HPトップへ戻る]

 

 

 

売店も盛り上がっています!

 

今回は、先日のシルバーウイーク中に催していました、ロビー売店前での出店のご紹介です。

 

常日頃から人気のある当館の売店ですが、より皆様に喜んでいただけるよう

この期間、業者さんが出店を設け、特に充実した品ぞろえでロビー前も賑わいました。

 

7.jpg

 

当館売店では、選りすぐりの地産商品をたくさん扱っています。

 

2.jpg

 

3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.jpg

 

 

1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.jpg

 

豊富な種類のお土産に、お客様も喜んでいただけましたでしょうか。

 

6.jpg

8.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月にもこの企画をまた、予定しています。

 

お越しいただきましたお客様、ぜひ売店「花折峠」をのぞいてみてくださいね。

 

[HPトップへ戻る]