「近江昔話」アニメーション上映のご案内

今日は、「近江昔話らいぶらり」でのアニメーション上映をご紹介します。

 

毎晩8時からしております、約30分間のアニメーション上映。

お子様だけでなく、大人の方にも大変ご好評いただいております。

 

 

raiburari .jpg

 

raiburari2.jpg

近江に古くから残る民話、「なまずと弁天さま」「豆だぬき」「鮒になった源五郎」などを

日替わりで上映しております。

 

 

raiburari3.jpg

雄山荘ご来館の思い出に、ぜひ、「近江昔話らいぶらり」にお立ちよりくださいませ。

(アニメーション上映時間  20:00?20:30)

 

[HPへ戻る]

雄山荘で近江昔話を見つけてください。

 

今日は、館内の「近江昔話」のご紹介です。

 

これまでにも何度かご紹介していますが、当館、「里湯昔話 雄山荘」。

里山の湯に浸かり、近江に伝わる昔話に触れる。。。

近江の心と自然に触れていただき、旅の思い出としてお持ち帰りいただきたく願っております。

 

館内のいたるところに、近江昔話のお話が飾られています。

 

s_P1020505.jpg

s_P1020504.jpg

 

s_P1020517.jpg

 

s_P1020514.jpg

s_P1020199.jpg

 

あえて、どこの場所かは伏せておきます。

 

この他にも、エグゼクティブタイプのお部屋にはライブラリーコーナーもございます。

また、毎晩8時からは1F近江昔話らいぶらりにて、約30分間のアニメーション上映もございます。

 

ぜひ、お越しの際には見つけてみてください。

 

[HPへ戻る]

 

「近江昔話らいぶらり」にぜひどうぞ。その2。

 

前回に続き、「近江昔話らいぶらり」をご紹介いたします。

 

今回は、このらいぶらり、特にお子様連れの方への情報です!

 

CIMG6243.jpg

 

CIMG6244.jpg

 

お子様に、滋賀への想い出に残るお話が何かひとつでも見つかることを願っています。

 

そしてこのらいぶらりでは、本だけでなく、毎夜、約30分の近江昔話のアニメーション上映もしています。

anime.jpg

現在、「なまずと弁天さま」「豆だぬき」「鮒になった源五郎」などを交互に上映しており、

このアニメーション上映、お子様だけでなく大人の方にも大変ご好評いただいています。

(上映時間 20:00?20:30

 

また、このスペースには、こんなおもちゃも・・・。

CIMG6250.jpg

木製のおままごとセット、けん玉など、懐かしい暖かみのあるおもちゃをおいてございます。

 

CIMG6257.jpg

 

この冬には、体も心もあたたまるようなこの「近江昔話らいぶらり」で、

近江のすてきな想い出ができますように・・・。

 

[HPトップへ戻る]

 

 

 

 

「近江昔話らいぶらり」にぜひどうぞ。その1。

 

なぜ、当館、温泉旅館で里湯昔話という名前がついているのかとよく聞かれます。

ここでも何度かご紹介しているように、近江に残る大切なものを語り継ぐ心、

そしてその民話を想い出としてお持ち帰りいただきたい。

このテーマを元に、館内では、いたるところに昔話の絵やお話が飾られています。

 

でも、せっかくお越しいただいたお客様に、お時間がゆるすのであれば

ぜひとも、のぞいていただきたいのが、1階喫茶横に設置されたスペース「近江昔話らいぶらり」です。

 

CIMG6241.jpg

ここでは、落ち着きのある民芸調のこしらえ(昔の田舎の民家を思わせるような)のスペースに、

テーブルや、囲炉裏などを配置し、

様々な近江に関する本や写真集、児童向けの絵本などをご覧いただけるようにしております。

 

CIMG6242.jpg

もう動かなくなったレトロな古時計

CIMG6252.jpg

アンティークなオルガン。

CIMG6257.jpg

そして囲炉裏。

 

こんな空間で、普段の喧騒をわすれ、静かなゆったりとした時間を過ごしていただきたい。

できればその時間の少しに、近江のお話に触れていただければなおさら嬉しいことです。

 

CIMG6254.jpg

CIMG6255.jpg

 

御自由にご利用いただけるお茶や、ひざかけの準備もさせていただいております。

 

これからの時期。近江の冬景色とともに、ぜひ、当館の想い出の一つに

「近江昔話らいぶらり」にお立ちよりくださいませ。

 

「近江昔話らいぶらり」ご利用時間は7:00から22:00です。

20:00?20:30は、近江昔話のアニメーション上映もしております。

このお話は、また次回の記事でご紹介いたします。

 

[HPトップへ戻る]